マル伊商店の干物

職人が1枚1枚丁寧に
身に余計な傷がついたりしないよう、職人が1枚1枚手開きで魚を開いていき、 開いた魚は血や内臓を丁寧に洗っていきます。 ここまでの作業で時間を無駄に費やすと、どんどん魚の劣化が進んでいくので、 鮮度を逃さないよう手早く丁寧に作業をしていきます。
冷風機で酸化を防ぎ旨みを熟成
天日に干すことで起こる魚の脂肪分の酸化を防ぐ為、冷風機で乾燥しています。 そうすることによって、天候の影響も受けることなく衛生的に美味しい干物を作ることができます。 干時間は長年の経験を頼りに外気温 湿度によって調整し、美味しい干物を作ります。 冷風乾燥は通常よりも乾燥に時間がかかりますが、魚本来の旨味を損なうことなく凝縮し、 美味しい干物ができあがります。
最後まで真心込めて
乾燥機で干しあがった魚はひとつひとつ傷がないか、干しが甘くないかを最終チェックして、丁寧にパック詰めをして仕上げます。 パックする袋も1枚1枚手作業でシールを貼り、真心を込めて作業をさせて頂いております。

   

干物の商品