しらすとは

  • しらすとは色々な魚の稚魚の総称で、 一般的にしらすとして扱われる商品のほとんどはイワシの稚魚であり特に片口イワシの稚魚が多いです。 また、小女子の正式名称はイカナゴといい、一般的にしらすとして販売されている商品と小女子として販売されている商品は全く別の魚です。 小さいながら、魚を丸ごと食べられるしらすは、手軽なカルシウム供給源として優れています。 カルシウムはあまり吸収率がよくないのですが、 小魚は牛乳に次いで吸収率が高いと言われています。 またカルシウムの吸収をよくするビタミンDも含まれているので吸収が促進されます。 簡単アレンジレシピはコチラ!

   

しらすとちりめんじゃこの違いについて

関東方面では「しらす」、関西方面では「ちりめんじゃこ」と呼ぶなど、 干し具合や地方によって呼び方は様々です。 当店では、「しらす」と呼び、しらすを茹で上げたものを「釜揚げしらす」、 しらすを茹で上げ軽く干したものを「しらす干し」、固めに干したものを「かちり干し」と呼んでいます。
  • 釜揚げしらす しらすを釜で茹でて、水切りをした商品。
    水分量は多め。 注文する
  • しらす干し(ちりめん) しらすを釜で茹でて、乾燥をさせた商品。
    水分量は並。 注文する
  • かちり干し しらすを釜で茹でて、しっかりと乾燥させた商品。
    水分量は少なめ。 注文する

マル伊商店の「しらす」

マル伊商店が拠点とする師崎は三方を海に囲まれた知多半島最先端のまちです。 伊勢湾、三河湾、太平洋に囲まれた地区で、海の幸に恵まれています。 しらすには春と秋に旬がありますが、師崎のしらす漁は5月~11月のみ。 天候に左右されるため実際に漁に出られるのは80日ほどです。 水揚げされたばかりのしらすは、身が透き通って美しく輝いています。 代表の坂下が自ら市場に赴き、自らの目で見極めて最高の素材を選び抜きます。 セリ落としたらトラックに積んですぐさま漁港近くの作業場へ運び込み、 水揚げされたばかりの高い鮮度を活かした素材本来のうまみを味わえる商品を作り上げております。